情報フォトニクス研究会

ここには過去に開催された研究会及び,これから開催される研究会の情報が記載されています.

研究グループへ入会ご希望の方は登録画面より連絡先をお知らせ下さい.

情報フォトニクス研究グループへ共催・協賛・後援を依頼される方,および,

過去に協賛した研究会のリストはこちらをご参照ください.


予稿の書き方




第15回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会(SGSIPG)

【変更点(2021.3.26)】
・オンライン開催に.参加費を無料に(会員,学生)
・予稿(2ページ)を「発表概要」(1ページ)に簡素化
・発表申込と参加申込の期限を延長

【会期】2021年6月18日(金)13:00~17:00(終了後17:15より懇親会(オンライン))

【会場】Zoomを利用したオンライン会議

【概要】
 本研究討論会では,画像システム,情報フォトニクス・情報光学,撮像デバイス,ディスプレイ,画像処理・応用などの分野の研究内容に対する相互理解を深め,情報発信を行う場を提供します.すべての発表は,十分な時間を確保したポスター形式(Zoom 上の個別部屋内での質疑応答)であり,じっくり討論することができます.また,デモ展示やスライドショーを推奨しており,さらに議論が深まることが期待できます.未発表の研究に限らず,学会では十分に説明できなかった内容の報告や,技術内容に関するデモンストレーションも歓迎します.画像システム,情報光学に携わる多くの研究者,技術者,教員,学生の方々のご投稿,ご参加をお待ちしております.
 新型コロナウィルス感染症の状況を考慮し,オンライン開催に変更させていただきます.この新しい日常をプラスにとらえ,参加費(会員及び学⽣)を無料とし,予稿を簡略化するとともに,申込み期限を大幅に延長しました.この変更によって,より多くの方にご発表,ご参加いただき,より活発な議論の場となることを期待しております.
 最新情報は,随時,本ページにてご案内いたします.

【プログラム】

12:30-13:00 受付
13:00-13:05 開会の辞
13:05-14:00 ショートプレゼン
14:05-16:05 ポスターセッション(デモ展示・スライドショー)(3部構成)
(一般講演(発表予定))
「フェムト秒レーザーの集光照射で発生する光と音」
宇都宮大学 早崎研究室
「複眼偏光カメラによる筆跡画像解析」
科学警察研究所 情報科学第二研究室
「再帰反射による空中結像(AIRR)を用いたタッチレス空中インターフェース」
宇都宮大学工学部 山本研究室
「シングルピクセルイメージングにおける空間光学情報処理の利用」
神戸大学大学院システム情報学研究科 システム計測分野
「位相シフト法を用いた垂直出射型光フェーズドアレイの位相補償手法」
NHK放送技術研究所 空間表現メディア研究部
「偏光構造化パターン投影による三次元計測」
埼玉大学光情報工学研究室
「交流磁界のゴーストイメージング」
高知工科大学 光計測工学研究室
「FRETネットワークを用いた蛍光タグ」
大阪大学 谷田研究室
「マルチタップCMOSイメージセンサを用いた高機能空間周波数領域生体イメージング」
静岡大学 香川研究室
16:05-17:00 フリーディスカッション
17:15- 懇親会

【参加費】
・情報フォトニクス研究グループ一般会員 無料
・非会員 6,000円(参加と同時に入会の場合,無料)
・学生 無料
※ 懇親会費 無料(オンライン上での場所提供のみ)

【発表形式】
登壇者は以下の1. および2. をそれぞれおこないます.
1. ショートプレゼンテーション
Zoom を利⽤したシングルセッションで登壇者ごとに画⾯共有機能を利⽤して順次⼝頭発表(2 分(予定))をおこないます.
2. ポスター発表
各登壇者に与えられたZoom 上の個別部屋内でポスターに関する質疑応答をおこないます.
※デモ展⽰,並びにポスター,スライドなどの説明資料の使⽤を推奨します.

【発表・参加申込】
以下のサイトからお申込み下さい.
https://forms.gle/w4m3XY2NHRZaTjncA
発表者には,「発表概要」(A4横サイズ,1ページ.要旨(200字程度)と,発表を代表する図表1枚で構成.)を提出していただきます.
※「発表概要」は公開しますのでご注意下さい.
「発表概要」のテンプレートファイル

【締切】
発表申込 5月18日(火)
「発表概要」の提出 6月11日(金)
参加申込 6月17日(木)

【申込・問合せ先】

科学警察研究所 情報科学第二研究室 赤尾佳則
群馬大学 数理データ科学教育研究センター 鈴木裕之


第19回関西学生研究論文講演会 【cfp】

【主催】一般社団法人 日本光学会 情報フォトニクス研究グループ

【日時】2021年3月10日(水)10:00−17:15 時間は変更の可能性あり

【場所】Zoomを利用したオンライン会議

【発表形式】登壇者は以下の1. および2. をそれぞれおこないます.
1. ショートプレゼンテーション
Zoomを利用したシングルセッションで登壇者ごとに画面共有機能を利用して順次口頭発表(3分)をおこないます.
2. ポスター発表
各登壇者に与えられたZoom上の個別部屋内でポスターに関する質疑応答(90分)をおこないます.ポスター,スライドなど補足資料の使用は任意とします.
※ポスターデータは当日10:00から各参加者が任意の時間に閲覧可

【講演会参加申込】
(参加申込フォーム( https://forms.gle/bB3WjcMsP3giuRf97 )より必要事項を記入の上お申し込みください.
※聴講参加の方も忘れずにお申込みください.
参加申込締切:2021年2月19日(金)

【登壇資格】指導教員が情報フォトニクス研究グループの会員である近畿,中国,四国,九州地方に位置する大学の学生(主に学部4年生)
※ただし,聴講参加は所属の場所に依らない

【原稿等提出】
様式に従いA4用紙2ページの原稿(PDF形式)と著作権譲渡契約書(自署のうえ,PDF形式)のスキャンデータに加え,ポスターデータ1枚(PDF形式)を後にご案内します提出フォームより提出してください.
※1ポスター説明用の短い音声データを付加してもよいこととします.
※2ポスターはデータ量が可能な限り(図等の品質が過度に損なわれない程度に)小さくなるように(〜10MB)して提出してください.
原稿等提出締切:2021年2月26日(金)要厳守

【参加費】無料

【問合せ先】
最田裕介(和歌山大学 システム工学部 システム工学科)
メールアドレス:


第15回関東学生研究論文講演会

【実施報告】

【主催】一般社団法人日本光学会 情報フォトニクス研究グループ

【趣旨】

研究活動を行っている学生にとっては,自身の研究の価値を他人に対してできるだけ分かりやすく説明する能力が,全国的な学術会議や学会の年次大会における研究発表において重要になる.研究活動以外に視野を広げると,他人に対して自分自身をプレゼンテーションしてアピールすること,いわゆるセルフプロモーションは,社会における様々な場面において求められる能力である.そこで,セルフプロモーション力を向上させる機会を兼ねて,学会発表を志す学部学生の登竜門として,関東方面の大学における学生を対象とした研究論文講演会を開催する.本講演会は,当日の進行や運営を学生諸氏に任せることで,参加学生が自由に発言,議論しやすい環境を提供する.これにより,研究内容のディスカッションを通じた学生間の人的ネットワーク構築を促すとともに,情報フォトニクス分野の次代を担う若手研究者の育成を促進する効果も期待できる.

【日時】2021年3月9日(火)10:00-17:30(時間は変更の可能性あり)

【場所】Zoomによるオンライン開催

【発表形式】各研究室につきオーラル発表者1名,その他の方はポスター発表.
優れた講演には優秀講演賞を贈呈予定.

【プログラム】ダウンロード

【登壇資格】指導教員が情報フォトニクス研究グループの会員であること.
今年はオンライン開催のため,関東方面の大学だけでなく,東日本の大学から広く登壇を募集します.

【講演・聴講申込】
電子メールにて参加される方の情報(下記の1~8)をご連絡ください.
申込締切:2021年2月23日(火)17:00
1. 氏名
2. 役職または学年
3. 所属先
4. 所属先住所
5. メールアドレス
6. 聴講または登壇(登壇者は7, 8を回答)
7. 講演題目
8. 発表形式(オーラルまたはポスター)

【原稿提出(オーラル発表)】
Webサイト(2/24にご案内します)から以下のファイルをご提出ください.
提出締切:2021年3月2日(火)17:00
原稿ファイル (PDF形式)
著作権譲渡同意書 (自著のうえスキャンしたPDF形式データ)

【原稿提出(ポスター発表)】
Webサイト(2/24にご案内します)から以下のファイルをご提出ください.
提出締切:2021年3月2日(火)17:00
原稿ファイル (PDF形式)
著作権譲渡同意書 (自著のうえスキャンしたPDF形式データ)
ショートプレゼン動画(45秒程度)

【ポスター発表資料】
ポスター発表者はWebサイト(2/24にご案内します)から発表資料をご提出ください.
発表資料は発表当日にWebサイト上で閲覧できるようにします.
提出締切:2021年3月8日(月)18:00

【参加費】無料

【申込・問合せ先】
児玉 周太朗(電気通信大学 情報理工学研究科)
メールアドレス:



過去の研究会


過去のInternational Meetings